本場の“技”を受け継ぎ、更なる美味を追求

奥深さ

まずはこの串かつで 名物 串かつ(牛肉)

これが本物の串かつ

串かつの本場大阪の新世界にある名店「八重勝」で修行を積んだ店主が、その技と知識、心得を受け継ぎ、福岡の地で更なる美味しさを目指すために開いたのが、当店「千寿(せんす)」です。本物の味わいを昇華させるために、素材や食材を追求しております。日々改良を重ねる千寿の串かつをご賞味ください。

空気が串を美味しくする

牛肉は空気をまとわせる
牛肉の串かつは、名物であり、当店をもっとも体言する串です。特に当店の串かつ(牛肉)は、福岡のお客様の好みに合わせて、少し厚めにする衣にしているので、ふわっとした食感を感じていただくために、牛肉の周りに空気をまとわせています。こうすることで、サクッと、ふわっが同時に楽しんでいただけるのです。一本目のまずこの串かつ(牛肉)からお召し上がりください。

4つ揃えば、味が変わる

その1 職人技

時間とともに余熱で火が入るように打ちます

仕込みが決め手!例えば…シソレンコン団子

熱の入り方を揃える台形打ち
油は食材に均一に熱が入ってしまうため、一つ一つの食材が同じ大きさでは、余熱で根元の食材に火が入りすぎてしまいます。しかし、千寿ではお客様の食す順序と時間を考え、根元に近づくにつれ食材を大きくしていくことで、いつもベストな状態でお召し上がりいただけるようにしております。
仕込みが決め手!
例えば…シソレンコン団子
様々な食材とレンコン、ミンチ肉を合わせて、少し蒸しあげることで弾力のある食感と、レンコンの調度良い歯ごたえを楽しんでいただけます。このひと手間をかけることで、仕上がりに差がつき、大きな味わいの差となるのです。

その二 衣と油

大阪から取り寄せる小麦粉

山芋の食感

油

高温で揚げる!! 素材を生かす、かすかな温度調節

大阪から取り寄せる小麦粉

山芋の食感

油

 衣 色、食感、香りが違う
小麦粉は大阪から取り寄せる特注のキメの細やかなパン粉を使用。
衣の配合は、季節やその日気温によって割合を変えることで、一定の食感を保っている上、営業中でもその日の環境に合わせて、衣の配合を変えることで、揚げ上がり、油の吸い方を一定に保ち、ベストな衣になるように気を遣っています。
高温で揚げる!!
素材を生かす、かすかな温度調節
フライヤーではなく、鉄鍋をガスで温めているので、食材に対してその食材のベストな温度で揚げていることで、素材の美味しさを最大限に引き出しております。

その三 自家製ソース

ソース

関西の老舗ソースメーカーが大阪の「八重勝」や当店のために作る特注ソースに、さらに手を加えることで、素材と食感を大切にする当店の串かつを活かす、奥深いソースに仕上げております。

自家製タルタルとお塩でもお楽しみいただけます

その四 九州、国産、そして旬

例えば

ひと手間で変わる味わい

ひと手間で変わる味わい

ひと手間で変わる味わい

食材を生かすのが串かつ。その素材の中でも、特に衣や油、ソースに合うものを厳選し、本来の美味しさを引き出し、串かつという料理に仕上げていきます。

その素材は、九州、国産のものを中心に、海外のものでも吟味を重ねた味わいを取り揃えており、旬の食材は、その時期身体に必要な栄養を備えているので、味だけでなく体の美味しく感じられる食材として、格別な串かつに料理しご提供しております。

レンコンの中でも、水分の多い「新れんこん」はあえて蒸すことはしませんが、その他の時期のれんこんはほんの数分蒸すことで食感を豊かにしており、美味しさを最大限に引き出しています。

オススメの串と食べ方

1本目 名物 串かつ(牛肉) ソースにどばっとつけてお召し上がりください

2本目 鮨屋も使う海老の串かつ

本格的な鮨屋でも使用するほどの高級な海老を使用しており、素材の美味しさを感じていただける代表格。ぜひお召し上がりください。

3本目 シソレンコン団子

一度蒸すことで食材と団子の食感をふわふわにした、シソレンコン団子はその仕事を楽しめる逸品です。ぜひ、手間をかけた職人技の味わいをご堪能ください。

四本目以降はお好みで バラエティ串・カチョカバロチーズ・デザート串

ソースはどばっと本場流。小皿に取り分けますので、何度でもつけてお楽しみくださいお肉類と相性抜群!

串かつメニューはこちら